トップ > アレルギー疾患に関して

アレルギー疾患に関して

アレルギー疾患に関して

アレルギー疾患とは

アレルギー疾患とは、過度な免疫反応によって引き起こされ、生体にとって不利益な症状を生じる疾患を言います。免疫反応というのは、生物が生きていくために重要な生体防御機構ですが、本来反応する必要のないものにまで過度に反応するようになるとそれが原因で疾患を引き起こします。食品添加物を始め膨大な種類の人工合成物が作られるようになり、生体の認識機構が十分に処理しきれていないという側面を考えるとある意味、現代病と言えるかもしれません。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とその原因としての食物との関連性が現在のところ否定的なことと、成長期にあるお子さんの健全な発育・発達という観点から、食事制限は原則的には行っていません。ステロイド剤も使用しますが、必要に応じて副作用の出ない最小限の使用に限定し、基本的には皮膚の外用療法を中心とした治療を行います。副作用軽減効果のあるプロアクテイブ療法を行っています。皮膚の清潔、保湿、痒み対策というスキンケア指導も併せて行います。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の治療は、アレルギー性鼻炎治療ガイドラインに準拠したうえで、個人の特徴を考慮し、それぞれに合わせ内服薬や点鼻薬を用いて行われています。年長児の難治例では、耳鼻科の専門医と連携を取ってレーザー治療の選択肢も考慮することもあります。
<スギ花粉症に対する舌下免疫療法>
<免疫療法とは>
以前は「減感作療法」と呼ばれていましたが、厳密な意味で「減感作」のメカニズムではないため、この用語は使われなくなりました。
現在、食物アレルギーの分野で行われている治療法が有名ですが、簡単に言いますと、少量ずつアレルギーの原因となる食物を食べ続けることで、身体にその食物に対するアレルギー反応を起こさせなくする治療法です。
同様に花粉症の原因となるスギ花粉を少量ずつ毎日身体に取り込むことで、スギ花粉に反応しない身体に体質変化させるという治療法です。
スギ花粉症に対する唯一の根本的な治療法である、と考えてください。


<対症療法の限界>
抗アレルギー薬の弊害:花粉症の主要症状(鼻汁、くしゃみ、鼻閉、眼の痒み等)を緩和するために主に使われているのが抗アレルギー薬ですが、この成分の主体は抗ヒスタミン薬です。ヒスタミンは体内にあるマスト細胞と言われる白血球の一種から花粉の刺激によって放出され、鼻汁や痒みといった症状を引き起こします。そのため、このヒスタミンをブロックして花粉症の症状を抑える、というのが抗ヒスタミン薬の作用メカニズムになります。花粉症自体を治療するのではないため、花粉の飛散時期の間内服し続ける必要があります。
ところが、問題はこの「ヒスタミン」が脳内では全く違った働きをしているということです。脳内では神経伝達物質(神経と神経の活動を仲介する重要な物質)として、主に
・食欲
・覚醒
・集中力を高める
等の重要な作用に関係しています。脳内に移行した抗ヒスタミンが脳内のヒスタミンをブロックすることで覚せい状態が阻害され眠気を催すことになります(ほとんどの抗アレルギー薬に眠気の副作用が記載されているのはこのためです)。より問題なのは、集中力を高めることへのブロック効果です。意識していないにもかかわらず抗ヒスタミン薬を内服して、同様の作業を行うと平均して20%程度作業効率が落ちるといわれています(パイロットが飛行24時間以内にかぜ薬を内服してはいけないといわれている理由の一つになっています)。特に小児の場合、成長期の神経細胞に負の影響を与える可能性のある薬を2~3か月間飲み続けるのは望ましいこととは思えません。また、例年スギ花粉の飛散時期は受験生にとっても本番時期なので、集中力を下げる薬は受験の面でも不利だといわざるを得ません。

<免疫療法の副作用>
長期間の治療になるため、副作用が気になるかと思います。今回使用する薬は、実は薬といっても他の薬とは根本的に違う点があります。つまり、使用するのは「スギ花粉」そのものを濃縮して薬の形にしたものです。食物アレルギーで、対象となる食べ物というイメージを持ってもらえればいいかと思います。
そうは言っても、食物アレルギーの治療でも起こったように、最も懸念されるのはアナフィラキシー反応(アナフィラキシーショック)かと思います。
そもそもスギ花粉の抗原性の部分は脆いため、胃の中で容易に壊れてしまいます。花粉症の症状が胃に入る前の粘膜症状(眼、鼻、喉)に限局する理由はこのためです。現に、これだけ花粉症の患者さんが日本中にあふれているのに、アナフィラキシーショックの報告は一件もありません。
実際、最初の治療薬(シダトレン)発売開始後3年経過しましたが、治療開始1~3週間の間だけ口腔内の痒みや違和感といった軽微なものだけで、いずれも途中で消失していました。

<免疫療法の実際>
今回、使用する製剤「シダキュア」の特徴です。
・小児適応があります(5歳以上)
・舌下錠タイプなので、常温で保存でき持ち運び容易
・以前の液状タイプ「シダトレン」に比べ、より高濃度の製剤なので臨床試験での効果も有意なものになっています。
♢投与開始後1週間;舌下錠2000JAUを1日1回
♢投与2週目以降;舌下錠5000JAUを1日1回
*投与期間は2~3年(最初のシーズンから効果あり)投与終了後も効果持続
*治療開始はスギ花粉の非飛散時期



<免疫療法実施時の注意点>
・体調の変化をモニターする為、定期的な受診(小児2~4週に1回、成人4週に1回)が長期にわたり可能な方に限ります。

・治療対象者は、スギ花粉に対するI型アレルギーの方ですのでRASTスコアー2以上の方が適応です(アレルギー未検査の方は事前に検査(保険適応)を受けていただきますが、検査結果により治療対象外となることもあります)。

・同時に2つ以上の免疫療法は行えません(食物とスギ、ダニとスギ)

・経口ステロイド剤、ホルモン製剤、免疫抑制剤の投与を受けている方は、治療対象外です。

・免疫療法治療中の最大のリスク要因は気管支喘息発作です。喘息のコントロールが不良な状態(1秒率<70%)では治療が開始できません。また、経過中に喘息発作の増悪が見られた場合に、一時的に内服量の減量や休止する場合があります。

食物アレルギー

食物アレルギー

診断・治療の両面での進歩が著しい分野なのでいろいろと情報が錯綜し、混乱を生じている疾患なので少し詳細に記述します。

食物アレルギー
特定の食物に対して反応を持っていると、その食物を摂取すると必ず即時型(2時間以内)アレルギー反応(主に皮膚症状、喘息発作、下痢、失神、痙攣、ショック等)を生じる疾患です。100%の確率で反応がおこること、全身の症状であること、摂取2時間以内(重症では30分以内)に起こること、ショックを起こすと生命の危険があること等が特徴です。
<アトピー性皮膚炎>との合併について
乳児期早期(生後1~3カ月頃から)の難治性湿疹(アトピー性皮膚炎)の患者さんの80%くらいが食物アレルギーを合併していると言われています。母乳を介して原因食物を少量摂取することで、皮膚に症状が出ていると考えます(直接摂取ではないので飲んですぐに症状が現われる部分が分かりにくい)。この場合原因食物の除去を行わないでアトピー性皮膚炎の治療だけでは皮膚症状が改善しにくいことになります。ですからアトピー性皮膚炎の治療のために除去食を行っているのではなく、アトピー性皮膚炎に合併した食物アレルギーの治療のため除去食を行っているのです。
<蕁麻疹>との違い
原因が特定の食物ではないこと(食べても出ないことがあること)、必ずしも2時間以内の反応ではないこと、皮膚の症状以外がみられないこと、等が決定的違いです。ショックを起こす心配はありません。
<口腔アレルギー症候群(OAS)>について
果物や野菜など食べると喉が痒くなったり、悪心、嘔吐がみられたりする疾患です。口腔粘膜の接触蕁麻疹と考えられています。患者さんの多くは花粉症を合併しています。
治療に関して
『アレルゲンとなる食物を避けるべき(除去食)』という考え方と『少しずつ食べていかないと食べられるようにならない』という一見矛盾する治療方針を別々の医師から指示されたことは無いでしょうか?
実はどちらも正しいことを言ってます。なぜ矛盾しないかと言うと患者さんの年齢・重症度により対応が異なるからです。一般的に免疫機構が成熟する3歳くらいまでは除去食により約50%の患者さんが食べられるようになると言われています。ですからこの時期は原則的に除去食を行います(RASTスコアーから軽症と考えられる場合は、早期のチャレンジテストが最近は考慮され始めています)。ただ3歳を過ぎると自然耐性獲得(食べられるようになること)の確率が極端に下がってしまうので「少量を食べさせる」という経口免疫療法を試みることになります。
「チャレンジテスト」
除去食により反応性が低下してきた場合、耐性獲得できたかどうかの最終テストがチャレンジテストです。実際に対象食物を食べてもらい判断します。どのようなレベルであればチャレンジテストが可能なのか、ショックを起こす危険度はどのくらいなのか(ある程度可能性がある場合は入院チャレンジテストを計画します)、等専門的な判断と対応が必要なので、必ず病院で行うようにしてください。
なお、当クリニックは重症の食物アレルギー患者さんのエピペン処方にも対応しています。

喘息・アレルギー疾患外来の開設

喘息・アレルギー疾患外来の開設

喘息・アレルギー疾患の治療には、詳細な説明や具体的な指導が必要です。また、喘息を診断するために過去の症状や経過をかなり詳しくお聞きする必要があります。一般診療よりも一人の患者さんの診療に要する時間が多くかかることから一般とは別のアレルギー疾患専用の診療時間枠を設けさせてもらっています。初診の患者さんも直接クリニックにその旨おっしゃっていただき御予約をお願いします。

ときえだ小児科クリニック 045-595-4150