ときえだ通信

2015年7月15日 水曜日

いわゆる夏かぜ が流行しています

暑くなってきましたね。熱を出す患者さんが増えてきました。プール熱(咽頭結膜熱)、ヘルパンギーナ、手足口病がその代表ですが、プール熱はアデノウイルスが原因ですが、後者はコクサッキーウイルスやエコーウイルスが引き起こします。コクサッキーウイルスは水痘や麻疹のような単一のウイルスではなくいくつかのサブタイプが存在します。そのサブタイプもさらに細かくタイプ分けされていてA-17型やB-13型というように分かれてきます。このため同じ手足口病であっても症状に違いがみられ、今夏1度かかってもまた(別のタイプに)かかってしまう、ということが起こります。保育園の出席停止疾患ではないため、どうしても集団生活をしている場所で流行してしまいます。ウイルス性疾患なのでしっかりと休息と栄養を取って回復に努めましょう。

投稿者 ときえだ小児科クリニック

ときえだ小児科クリニック 045-595-4150