ときえだ通信

2017年9月 8日 金曜日

ムンプス(おたふくかぜ)予防接種の勧め

最近、話題になることが多い、ムンプス難聴に関する気になる全国調査結果です。要旨を以下記しておきます。
「この2年」でムンプス難聴336人
先進国で唯一、定期接種化ない日本の全国調査


日本耳鼻咽喉科学会(理事長 東京慈恵会医科大学名誉教授・森山寛氏)は9月5日、東京都内で記者会見を開催し、全国5565施設を対象とした初の本格的な調査により、ムンプスが流行した2015年1月から2016年12月までの2年間に、少なくとも336人が「ムンプス難聴」と診断されていたとのデータを発表した。同調査の回答率は64%とのことで、「実際のムンプス難聴患者はもっと多い可能性もある」(森山氏)。ムンプス難聴は、ムンプスワクチンで防ぎ得る合併症。日本を除く先進国では、小児への2回の定期接種が導入されている。日本小児科学会などは小児期の接種を推奨し、国に定期接種化を要望している。しかし、1993年のMMRワクチン接種の中止以来、単味ワクチンは流通しているものの、予防接種率は30-40%にとどまり、周期的な流行を繰り返している。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)
今回の調査は、ムンプス難聴例(厚労省研究班1987年の診断基準の「確実例」を満たす症例)の聴力予後などを追跡した初の本格的な調査。ムンプス難聴の特徴としてこれまで指摘されてきた「高度難聴」「根治は困難」の実態が改めて浮き彫りにされた。

 発表者の守本倫子氏(日本耳鼻咽喉科学会福祉医療・乳幼児委員会委員長、国立成育医療研究センター耳鼻咽喉科医長)によると、全国でこの2年に診断、報告されたムンプス難聴336人のうち、詳細が得られた314人の約80%(260人)に、会話が困難など、日常生活にかなりの支障を来す「高度以上の難聴」の後遺症が見られた。発症年齢は2-3歳が最も多く、次いで6-13歳、20歳代後半から40歳くらいまでの「子育て世代」の成人が多かった。「家庭内で子供がムンプスに罹患し、予防接種歴や罹患歴のない親が感染している可能性が考えられた」と守本氏。

 調査に回答した一部の医師からは、「ムンプス難聴と診断された時点で、妊娠中であったために急性期のステロイドの点滴治療を断念せざるを得なかったケースもあった」との情報提供があったという。守本氏は「特発性の急性感音性難聴と異なり、ムンプスなどのウイルス性の感音性難聴に対し、ステロイドの全身投与が奏効することは少ない」としつつ、「医師にとっては少しでも改善の可能性があれば、同薬による治療を開始したいと考える」とも述べ、医師と患者のやり切れない状況を慮った。

やはり、危惧されたようにムンプス後遺症の難聴は少なくないようですね。定期接種化されていない感染症なのでどうしても接種率が下がる現状があります。そのことが、また感染の危険を増やしているという悪循環が考えられます。
無菌性髄膜炎で後遺症は残らないことから、相互的に判断すると予防接種を受けることのメリットは大きいと思います。

投稿者 ときえだ小児科クリニック

ときえだ小児科クリニック 045-595-4150