ときえだ通信

2015年7月15日 水曜日

いわゆる夏かぜ が流行しています

暑くなってきましたね。熱を出す患者さんが増えてきました。プール熱(咽頭結膜熱)、ヘルパンギーナ、手足口病がその代表ですが、プール熱はアデノウイルスが原因ですが、後者はコクサッキーウイルスやエコーウイルスが引き起こします。コクサッキーウイルスは水痘や麻疹のような単一のウイルスではなくいくつかのサブタイプが存在します。そのサブタイプもさらに細かくタイプ分けされていてA-17型やB-13型というように分かれてきます。このため同じ手足口病であっても症状に違いがみられ、今夏1度かかってもまた(別のタイプに)かかってしまう、ということが起こります。保育園の出席停止疾患ではないため、どうしても集団生活をしている場所で流行してしまいます。ウイルス性疾患なのでしっかりと休息と栄養を取って回復に努めましょう。

投稿者 ときえだ小児科クリニック | 記事URL

2015年6月16日 火曜日

ピーナッツアレルギーに関する提言

日本アレルギー学会から、ピーナッツによる食物アレルギーに関する提言が出たので紹介します。これはアメリカや欧州主要先進10か国による共同研究の成果として発表されました。
・ピーナッツアレルギーを発症する患者さんの数が近年増加している
・ピーナッツアレルギー発症の予防のためには、乳児期早期(4~11カ月)にピーナッツを含む食品の摂取を開始するよう推奨する
という内容です。
ただし、注意して頂きたいのはピーナッツアレルギーを発症していない健常乳児が対象の提言ですので、既にピーナッツアレルギーを発症した児疑いのある児(乳児期早期の重症アトピー性皮膚炎があり、食物アレルギー合併が疑われる場合)では絶対にピーナッツを与えてはいけない ことは言うまでもありません。
なお、妊娠中にピーナッツを食べることで新生児の発症を予防できるのかという研究もなされていますが、これに関しては有効性を証明されたデータは得られていないようです。

投稿者 ときえだ小児科クリニック | 記事URL

2015年5月12日 火曜日

小児在宅医療

当院で実施している重度障害児患者さんの訪問在宅医療について、先日朝日新聞の取材を受けました。その関連記事が今月25日の朝日新聞の神奈川県版に載ることになりました。ぜひ、お読みください^^

投稿者 ときえだ小児科クリニック | 記事URL

2015年5月11日 月曜日

黄砂が飛んでいます

偏西風に乗って黄砂が飛んでいます。白い車はすぐに汚れてしまいますね。これだけ黄砂が飛んでいるということは、それとともにPM2.5等の化学物質が大量に飛散しているということです。昨年PM2.5が喘息発作を誘発する化学物質として科学的証明がなされました。これら化学物質は喘息発作のみならず、鼻炎症状(くしゃみ、鼻水)、結膜炎症状(目の痒みや充血)、皮膚炎症状(皮膚の痒みや炎症)等のアレルギー症状を引き起こしますので注意してください。時期的には太平洋高気圧が張り出してくる6月中旬くらいまでかと思います

投稿者 ときえだ小児科クリニック | 記事URL

2015年3月17日 火曜日

花粉症の季節ですね

スギ花粉が飛散しています。今年は昨年の1.5倍~2倍の飛散量とのことなので花粉症をお持ちの方はTVの花粉情報を参考に予防対策に努めましょう。ところで、この時期喘息患者さんで喘息症状が現われる方がいらっしゃいます。花粉によろ喘息発作と思われる方がいらっしゃいますが、花粉は気管支ぜんそくを発症する細気管支の径より大分大きいため、直接的に喘息症状を誘発することは無いと言われています。むしろ黄砂とともに飛来する(PM2.5等)化学物資が原因となっていることが多いです。最近はPM2.5の濃度情報もネットで知ることができるので、外出時のマスク等注意を払ってください。

投稿者 ときえだ小児科クリニック | 記事URL

ときえだ小児科クリニック 045-595-4150