お知らせ・ときえだ通信

ときえだ小児科クリニック お知らせ・ときえだ通信

インフルエンザ予防接種を今年はぜひ接種しましょう

令和2年8月3日日本感染症学会から~秋から冬にかけての新型コロナウイルス対策~の提言が出されました。毎年この時期季節性インフルエンザが流行します。新型コロナウイルスの流行が重なると様々な困難な状況が予想されることから医療現場を中心とした対策の提言です。まず発熱した患者さんがコロナウイルス感染の可能性がある限り医療者は完全防備でインフルエンザの検査を行わなくてはなりません。今でさえ一般の開業医の中には発熱患者さんの受診を断るところも少なくありません。発熱患者さんに検査せずに抗インフルエンザ薬を投与することは、耐性株を増やすリスクや薬の副作用(異常行動)等の懸念からも薦められません。季節性インフルエンザでも毎年3000~5000人の持病のある方が実は亡くなっています。インフルエンザで免疫力(抵抗力)が低下したために細菌性肺炎等が致命的になることが原因です。インフルエンザと新型コロナウイルスに同時感染したらやはり同じように致命率が高くなる怖れがあります。インフルエンザ予防接種は70%程度の感染予防効果があるだけではなく、重症化を予防してくれます。以上のようなことから、今年は特にインフルエンザ予防接種を強くお勧めします

日本感染症学会の提言サイト(PDFファイル)

http://www.kansensho.or.jp/uploads/files/guidelines/2008_teigen_influenza_covid19.pdf)

最新記事

すべて表示

小児への新型コロナウイルスワクチンについての最新知見

12歳以上の小児に対する新型コロナウイルスワクチン接種が始まりました。接種に関する最新の知見を専門家が紹介してくれていますので転記します。 12歳以上のコロナワクチン「メリット大きい。接種後の体調管理、相談を」 三谷義英・三重大学先天性心疾患・川崎病センターセンター長に聞く m3.com編集部2021年8月18日 (水)配信 一般内科疾患循環器疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患救急 先ごろ、新型コロナウ

新型コロナワクチンの小児接種適応を考える

現在使われているファイザー製、モデルナ製ワクチンの接種適応に<12歳以上~>が新たに追加されました。今後、中学生以上への接種勧奨が行われる可能性があることからこの問題を考えてみたいと思います。 <mRNAワクチンとはどういうもの?> ファイザー製、モデルナ製ワクチン共にmRNAタイプの新しいワクチンです。コロナウイルスは遺伝情報を有するRNAという一本鎖のウイルスで人の細胞に感染するために特有の殻

医療の進歩の功罪~気管支喘息の診断が難しくなりました~

20年前に私が横浜市民病院に勤務していたころ、毎年1人は気管支喘息の大発作で緊急入院し、「喘息」が原因でお亡くなりになった患者さんがいました。また当時夜間や休日当直をしていると毎回複数の喘息患者さんが来院され1/3程度が入院するような状況でした。ところが、今や当直をしていても喘息発作で来院される患者さんがほとんどいなくなりました(ましてや入院する患者さんは年に数人程度まで激減しています)。この理由