お知らせ・ときえだ通信

インフルエンザ予防接種を今年はぜひ接種しましょう

令和2年8月3日日本感染症学会から~秋から冬にかけての新型コロナウイルス対策~の提言が出されました。毎年この時期季節性インフルエンザが流行します。新型コロナウイルスの流行が重なると様々な困難な状況が予想されることから医療現場を中心とした対策の提言です。まず発熱した患者さんがコロナウイルス感染の可能性がある限り医療者は完全防備でインフルエンザの検査を行わなくてはなりません。今でさえ一般の開業医の中には発熱患者さんの受診を断るところも少なくありません。発熱患者さんに検査せずに抗インフルエンザ薬を投与することは、耐性株を増やすリスクや薬の副作用(異常行動)等の懸念からも薦められません。季節性インフルエンザでも毎年3000~5000人の持病のある方が実は亡くなっています。インフルエンザで免疫力(抵抗力)が低下したために細菌性肺炎等が致命的になることが原因です。インフルエンザと新型コロナウイルスに同時感染したらやはり同じように致命率が高くなる怖れがあります。インフルエンザ予防接種は70%程度の感染予防効果があるだけではなく、重症化を予防してくれます。以上のようなことから、今年は特にインフルエンザ予防接種を強くお勧めします

日本感染症学会の提言サイト(PDFファイル)

http://www.kansensho.or.jp/uploads/files/guidelines/2008_teigen_influenza_covid19.pdf)

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染症検査の解説

新型コロナウイルス感染症を診断する代表的な検査に(1)抗原検査、(2)PCR検査、(3)抗体検査がありますが、どのように使い分けるのか解説します。 (1)新型コロナウイルス抗原検査;インフルエンザの迅速検査同様に約30分で結果が出ます。ただし、ある程度コロナウイルスが多量に存在している状態でないと検出できませんので発症後2日から9日間の間に限り検査できます。発熱や咳等の症状がある方でその期間に該当

新型コロナウイルス最新の知見

まだまだ解明は不十分ですが、これまでにわかってきた情報を整理してみます。 このことから、多少なりとも対処法のヒントがありそうです。 ●8~9割の感染者(特に持病がない人や小児)は軽症で経過し、快復します。 ●重症化のリスクとそのメカニズムに3つのパターンがあります。 ①肺炎型 このウイルスは間質性肺炎を起こしますが、肺がかなりダメージを受けるまで自覚症状(咳や息苦しさなど)が軽いため、自覚症状が出

ときえだ小児科クリニック LINE友だち追加ボタン
病児保育室わかば
ドクターズファイル 時枝啓介院長

喘息・アレルギー外来予約番号

045-595-4150

​●アクセス:市営地下鉄(グリーンライン)北山田駅 2番出口から徒歩2分

​●住所:〒224-0021 横浜市都筑区北山田1-12-15

Copyright(c) ときえだ小児科クリニック All Rights Reserved.