お知らせ・ときえだ通信

保険診療としての「オンライン診療」の概要

保険診療として「オンライン診療」を実施するには以下の条件・規定があります。

(*バイアグラやプロペシア処方等自費診療では適応されません)


<前提条件>

慢性疾患で定期的な通院が必要な患者さんが、明確な理由により定期的通院が困難になった場合に、患者さんの同意の元実施されます。

明確な理由が必要で、単に患者さんの希望ではオンライン診療は適応されません


明確な理由の例;○兄弟が生まれて保護者が定期的な受診が難しくなった○転居によりクリニックへの通院に時間がかかるようになった○学年が上がり診療時間内での定期的通院が難しくなった○引きこもりや不登校で通院自体が病状を悪化させる要因になると考えられる等



<導入条件>

慢性疾患で過去3か月以上連続で受診している患者さんが、その慢性疾患に対してのみオンライン診療が可能となります。ただしオンライン診療を担当する医師はそれまで対面診療を行った医師に限られます。オンライン診療を導入後も連続2回までしかオンライン診療は受けられません

(連続する3回に1回は対面診療が必要です)


対象疾患は慢性疾患の中で小児科療養指導料、特定疾患療養指導料、てんかん指導料、在宅時医学総合管理料等の適応となる疾患に限られます。

  • 小児科関連;脳性麻痺、染色体異常、ネフローゼ症候群、先天性心疾患、腎炎、血友病、小児慢性特定疾患に分類される疾患等

  • 一般;高血圧、不整脈、心不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺気腫、気管支喘息、胃潰瘍、思春期早発症、慢性膵炎、肝疾患等

  • 禁煙外来

  • 慢性頭痛(R2年4月に適応追加)

*アレルギー分野では気管支喘息のみ適応でアレルギー性鼻炎(舌下治療含む)やアトピー性皮膚炎等は適応外となります。

*小児も夜尿症やADHD、アスペルガー症候群、自閉症スペクトラム等は適応外です。



<実施条件>

医師は対象疾患に対しての治療計画をあらかじめ患者さんに提示し、患者さんがそれに同意し署名する必要があります。


オンライン診療では原則として以前の対面診療時と同様の処方を行います。状態変化等で処方薬の変更や追加が必要と医師が判断した場合は速やかに対面診療を行っていただきます。

(原則としてオンライン診療での処方薬変更はできません


オンライン診療中に対象疾患ではない新たな疾患の可能性が見つかった場合は、医師は改めて対面診療してその疾患に対応するかあるいはその疾患の専門医に受診するよう指示します。

(オンライン診療で新たな処方は出来ません


患者さんは原則として居宅(自宅や老人ホーム等)でオンライン診療を受けますが、医師の許可なく第3者を立ち会わせることはできません。また職場などで受けることも可能ですが、その場合もプライバシーが侵害されないような個室で受けることが必要です。


医師、患者さんともに相手方の許可なく診療内容の録画、録音することはできません。


オンライン診療に用いられるICTはリアルタイムに音声、画像を同時に通信できるもの と規定されています。従って電話やチャット等ではICTとしては不適格で利用できません。


*ICT(情報通信機器)に関して(補足)

オンライン診療に用いることが出来るICTは以下の2種類に分けられます。

①オンライン診療用アプリ;ヤ―ドック、クロン、メドレー等

②汎用アプリ;ZOOM、スカイプ、LINEビデオ等


①はオンライン診療用に開発されたアプリで医療情報漏えい防止や個人情報保護のためのセキュリティーシステムが厚労省の安全基準に合致しています。万一事故が起きた場合、原因によってはICT業者も責任を負う契約になっています。

(このため②を使用する場合と違い、情報通信機器使用料が別途(自費)かかります)

それに対して②はICT業者は全く責任を負う必要がないため、事故が起きた場合原因によって医師及び患者さんに全責任がかかってきます。

以上の観点からオンライン診療には①のICTを使用することを強く推奨します(厚労省)

(当院は①のアプリであるヤ―ドックのシステムを採用しています)

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス 小児が軽症な理由<新しい知見>

新型コロナウイルス感染は小児や若年者では重症化が稀である、ということは分かっています。この理由として①コロナウイルスが感染するときにACEというたんぱく質を介するためこの濃度に年齢差が関係している、②類縁の軽症コロナウイルス(いわゆるかぜ症候群)に対する抗体の保持率が小児ほど高いため、それが予防的に働いている、等の報告(論文)があります。①に関しては欧米とアジアでの流行状況や重症度の差の説明にはな

新型コロナウイルス感染症検査の解説

新型コロナウイルス感染症を診断する代表的な検査に(1)抗原検査、(2)PCR検査、(3)抗体検査がありますが、どのように使い分けるのか解説します。 (1)新型コロナウイルス抗原検査;インフルエンザの迅速検査同様に約30分で結果が出ます。ただし、ある程度コロナウイルスが多量に存在している状態でないと検出できませんので発症後2日から9日間の間に限り検査できます。発熱や咳等の症状がある方でその期間に該当

インフルエンザ予防接種を今年はぜひ接種しましょう

令和2年8月3日日本感染症学会から~秋から冬にかけての新型コロナウイルス対策~の提言が出されました。毎年この時期季節性インフルエンザが流行します。新型コロナウイルスの流行が重なると様々な困難な状況が予想されることから医療現場を中心とした対策の提言です。まず発熱した患者さんがコロナウイルス感染の可能性がある限り医療者は完全防備でインフルエンザの検査を行わなくてはなりません。今でさえ一般の開業医の中に

ときえだ小児科クリニック LINE友だち追加ボタン
病児保育室わかば
ドクターズファイル 時枝啓介院長

喘息・アレルギー外来予約番号

045-595-4150

​●アクセス:市営地下鉄(グリーンライン)北山田駅 2番出口から徒歩2分

​●住所:〒224-0021 横浜市都筑区北山田1-12-15

Copyright(c) ときえだ小児科クリニック All Rights Reserved.