お知らせ・ときえだ通信

新型コロナウイルス最新の知見

まだまだ解明は不十分ですが、これまでにわかってきた情報を整理してみます。

このことから、多少なりとも対処法のヒントがありそうです。


8~9割の感染者(特に持病がない人や小児)は軽症で経過し、快復します。

重症化のリスクとそのメカニズムに3つのパターンがあります。


肺炎型

このウイルスは間質性肺炎を起こしますが、肺がかなりダメージを受けるまで自覚症状(咳や息苦しさなど)が軽いため、自覚症状が出た時には手遅れであることが多いようです(サイレント ニューモニアと言われる)。

早期にCTで肺炎を診断すること、SpO2で酸素化の状態を客観的にモニターすることが大事です。肺に持病(重症の喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺気腫等)のある方のリスクが高いと考えられます。


血管障害型

スイスからの報告では死亡した感染者は全身の血管炎の状態であったそうです。欧米からの報告でも、脳血管障害(脳血栓症)や心筋梗塞の合併増加が報告されています。持病(動脈硬化、高血圧、糖尿病)のある方にリスクが高くなる理由でしょう。

小児での血管炎の代表である川崎病の報告が米国で増えているのも、このことが関係していると考えられています。


サイトカインストーム型

稀にマイコプラズマ感染等でも見られますが免疫反応が強烈に起こり、リンパ球などの免疫細胞が病原体だけでなく自分の身体を攻撃することにより生じる現象です。特にウイルスは我々の細胞内で増殖する為、ウイルスに感染した自己細胞を手当たり次第に攻撃することにより起こると考えられています。多臓器不全で亡くなる方はこのタイプです。どのような体質の方が起こしやすいかは分かっていませんが、若い方の死亡例の多くはこのタイプと考えられます。



上記以外の情報として、男性ホルモンがウイルス感染と増殖を手助けするようで、重症者が男性に圧倒的に多いのもこれが関係しているようです。

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染症検査の解説

新型コロナウイルス感染症を診断する代表的な検査に(1)抗原検査、(2)PCR検査、(3)抗体検査がありますが、どのように使い分けるのか解説します。 (1)新型コロナウイルス抗原検査;インフルエンザの迅速検査同様に約30分で結果が出ます。ただし、ある程度コロナウイルスが多量に存在している状態でないと検出できませんので発症後2日から9日間の間に限り検査できます。発熱や咳等の症状がある方でその期間に該当

インフルエンザ予防接種を今年はぜひ接種しましょう

令和2年8月3日日本感染症学会から~秋から冬にかけての新型コロナウイルス対策~の提言が出されました。毎年この時期季節性インフルエンザが流行します。新型コロナウイルスの流行が重なると様々な困難な状況が予想されることから医療現場を中心とした対策の提言です。まず発熱した患者さんがコロナウイルス感染の可能性がある限り医療者は完全防備でインフルエンザの検査を行わなくてはなりません。今でさえ一般の開業医の中に

ときえだ小児科クリニック LINE友だち追加ボタン
病児保育室わかば
ドクターズファイル 時枝啓介院長

喘息・アレルギー外来予約番号

045-595-4150

​●アクセス:市営地下鉄(グリーンライン)北山田駅 2番出口から徒歩2分

​●住所:〒224-0021 横浜市都筑区北山田1-12-15

Copyright(c) ときえだ小児科クリニック All Rights Reserved.