お知らせ・ときえだ通信

ときえだ小児科クリニック お知らせ・ときえだ通信

食物アレルギー相談外来開設のお知らせ

令和4年4月1日からオンライン診療食物アレルギー相談外来を始めます。


・卵除去を続けているがいったいいつまで続けたらいいの?(現在4歳)

・ゆで卵を少量食べたら吐いてしまった(8か月)医師A「少しづつ食べなさい」医師B「完全除去しましょう」医師C「加工品は食べてもいいと思いますよ」それぞれ全く違うことを言われました。

・生のトマトを食べると口の中が痒くなるので調べたらRAST陽性で完全除去を指示されました。エピペン持つ必要がありますか?(7歳)

・お粥から離乳食開始したら口の周りに赤い湿疹が出ましたがお米の除去が必要ですか(7か月)?


上の例は来院された患者さんの実際の相談内容です。

食物アレルギーに関する医学の進歩は目覚ましく「10年前に正しい」と思われたことが「実はそうではなかった」という内容も含まれています。小児科医でもアレルギー分野を専門にしていないと答えられない質問も少なくないと思われます。

近くにアレルギーを専門としている小児科医がいないため、相談できない方もいらっしゃるのではないかと思います。そこで食物アレルギーで困っている患者さんの食物アレルギー相談外来を立ち上げることにしました。

保険診療ですので保険証が使えます。*神奈川県内の方は医療証も使えます。

(*神奈川県外の方は後日領収証をお住いの自治体に提出すれば医療証分の還付を受けられます)

オンライン診療で行いますので専用のICTアプリ(YaDoc)のダウンロードお願いします。

地理的制限はありません。どこにお住いの方でも受診できます。

・予約後、事前相談(WEB問診)に相談内容を記載してください。

検査結果をお持ちの方は診察前にアプリ(YaDoc)にアップロードしてください。

・オンライン診療1回につきICT使用料(330円・自費)がかかります。ご了承ください。

・会計は①クレジットカード、②銀行振込のどちらかをご選択ください

最新記事

すべて表示

オミクロン株(BA1)と従来株の両方に対応した2価新型コロナウイルスワクチンの接種が開始になります。現在流行中のBA5系統にも従来より効果が高いと考えられています。また副反応の程度も従来のワクチンと同等です。ファイザー社製とモデルナ社製のワクチン(mRNAタイプ)です。 ☆対象者は2回接種、あるいは3回接種を終えられた方で最終接種から5か月以上経過した12歳以上のすべての方です。 ☆お持ちの接種券

10月3日(月)から季節性インフルエンザの接種を開始します。 *今冬インフルエンザの流行が懸念されています。 <理由> ・過去2年間の流行がなく(大人を含めて)インフルエンザに対する抗体がほとんど残っていないこと ・海外との渡航が許可され、国内へ容易に入ってくる状況にあること ・withコロナ政策で、以前のような厳格な感染対策をとっていないこと ・RSウイルスや手足口病などの感染症が例年になく大流

現在新型コロナウイルスの流行が始まっています(第7波)。同時にRSウイルス、アデノウイルス、ヒトメタニューモウイルスも同時に流行している状況です。このため検査キットが不足しかねない状況です。 ☆発熱外来での検査について以下のようにお願いします。 〇新型コロナウイルス抗原検査:年齢にかかわらず実施します。 〇新型コロナウイルスPCR検査;濃厚接触者等で発熱後半日以内程度で抗原検査が陰性の場合行います