食物アレルギー(特殊型)

I型(即時型、アナフィラキシー型)以外の代表的な食物アレルギーについて解説します。

口腔アレルギー症候群(OAS)

●特徴

即時型I型アレルギー反応とは異なり、通常学童期から大人になって発症します。

成人発症の食物アレルギーの代表的なタイプです。多くは花粉症の患者さんに症状が出ます。

特に果物に多く食べた直後から唇の腫れ、喉のイガイガ、チクチク感、口の中の痒み等の症状が現れます。

●原因

原因は果物の表面にあるたんぱく質(抗原)が、花粉のたんぱく質と似ているため花粉に対する抗体(IgE)が、果物の表面のたんぱく質に反応することで起こります。

スギ花粉症ではナス科(トマト)、カバノキ科(シラカンバ、ハンノキ等)花粉ではバラ科(リンゴ、西洋梨、桃、サクランボ等)、イネ科花粉ではウリ科(メロン、スイカ)やマタタビ科(キウイ)やミカン科(オレンジ)で症状が見られることが知られています。

 

このたんぱく質抗原は構造が脆く熱などに弱いため、生の果物で症状が出ても調理した果物では症状が出ないことも多いです。胃で消化されても同様に壊れるため、腸から吸収されて(アナフィラキシー反応等)全身で症状が出ることは通常ありません。

食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(FDEIA)

●特徴

特定の食物を食べた後(通常2時間以内)運動することで、全身皮膚のじんましん、喘息発作、意識低下(酷いと失神)等アナフィラキシー反応が生じる現象です。

特定の食べ物を食べなければ起こらず、また食べても運動しなければ起こりません。

ある程度強い運動をする様になる10~20歳代で発症することがほとんどです。

 

●原因

特定の食べ物として小麦(62%)、甲殻類(28%)が原因として挙げられています。

新生児・乳児消化管アレルギー

●特徴

新生児期から乳児期にかけて主に人工乳が原因で、おう吐、下痢(血便)、体重増加不良が見られる病気です。

 

●原因

稀に母乳が原因となることがあります。

他の食物アレルギーとは異なりI型アレルギー反応ではないので検査でIgEは陽性になりません。

最近の研究で、消化管に白血球の1種である好酸球が多量に集まって起こる消化管疾患(好酸球性消化管疾患)の早発型ではないかと言われています。

ときえだ小児科クリニック LINE友だち追加ボタン
病児保育室わかば
ドクターズファイル 時枝啓介院長

喘息・アレルギー外来予約番号

045-595-4150

​●アクセス:市営地下鉄(グリーンライン)北山田駅 2番出口から徒歩2分

​●住所:〒224-0021 横浜市都筑区北山田1-12-15

Copyright(c) ときえだ小児科クリニック All Rights Reserved.