お知らせ・ときえだ通信

illusts01.png

医療の進歩の功罪~気管支喘息の診断が難しくなりました~

20年前に私が横浜市民病院に勤務していたころ、毎年1人は気管支喘息の大発作で緊急入院し、「喘息」が原因でお亡くなりになった患者さんがいました。また当時夜間や休日当直をしていると毎回複数の喘息患者さんが来院され1/3程度が入院するような状況でした。ところが、今や当直をしていても喘息発作で来院される患者さんがほとんどいなくなりました(ましてや入院する患者さんは年に数人程度まで激減しています)。この理由には2つのことが関係していると思われます。1つ目は言うまでもなく医療の格段の進歩です。吸入ステロイドをはじめとする効果的で安全性の高い喘息治療薬が小児に使えるようになったことです。もう1つは(残念ながら)我々医療者側の責任です。気管支喘息の主要な治療薬(長期管理薬)である抗ロイコトリエン受容体拮抗薬(オノン、プランルカスト、キプレス、シングレア等)が「喘息」の診断がつかないケースでも安易にしかも短期間だけ処方されるケースが増えてしまったことです。結果的に「喘息」であるにもかかわらず、重症化せずに長期間放置される患者さんが増えてしまいました。なので喘息死がなくなり入院する重症患者さんは激減しているにもかかわらず、適切に治療されずに大人まで持ち越す喘息患者さんが増えているという状況になっています。<気管支喘息の診断が難しくなりました>というのはどうしてでしょうか?小児科医にもそれぞれ内科医と同じく専門分野があります。どの専門分野の医療もすごい速さで進歩しています。どうしても自分の専門分野の進歩についていくだけで精一杯ということになります。そうなると40歳以上のアレルギーを専門としない医師にとっては、「20年前に経験した喘息」というイメージで診察することになり現状の「軽症の」喘息患者さんを見逃すことになってしまいます。「軽症」の喘息患者さんは診察時に聴診器で胸の音を聞いただけでは<喘息でない患者さん>と区別がつかないからです。では、このような「軽症の」喘息患者さんを診断するにはどうしたらよいのでしょうか?6歳以上のお子さんならスパイロメトリーや呼気NO測定器を使って客観的に診断します。5歳以下のお子さんなら普段の状態や咳の出方(時間帯、きっかけ、痰が絡むか否か等)、これまでの治療薬やその効果等を保護者の方からじっくりと聞く必要があります(初診の喘息相談は通常30分以上かかる診察となるのはこのためです)。*詳しくはHP内の「気管支喘息」のページをご参照ください

最新記事

すべて表示

新型コロナワクチンの小児接種適応を考える

現在使われているファイザー製、モデルナ製ワクチンの接種適応に<12歳以上~>が新たに追加されました。今後、中学生以上への接種勧奨が行われる可能性があることからこの問題を考えてみたいと思います。 <mRNAワクチンとはどういうもの?> ファイザー製、モデルナ製ワクチン共にmRNAタイプの新しいワクチンです。コロナウイルスは遺伝情報を有するRNAという一本鎖のウイルスで人の細胞に感染するために特有の殻

新型コロナウイルス 小児が軽症な理由<新しい知見>

新型コロナウイルス感染は小児や若年者では重症化が稀である、ということは分かっています。この理由として①コロナウイルスが感染するときにACEというたんぱく質を介するためこの濃度に年齢差が関係している、②類縁の軽症コロナウイルス(いわゆるかぜ症候群)に対する抗体の保持率が小児ほど高いため、それが予防的に働いている、等の報告(論文)があります。①に関しては欧米とアジアでの流行状況や重症度の差の説明にはな

新型コロナウイルス感染症検査の解説

新型コロナウイルス感染症を診断する代表的な検査に(1)抗原検査、(2)PCR検査、(3)抗体検査がありますが、どのように使い分けるのか解説します。 (1)新型コロナウイルス抗原検査;インフルエンザの迅速検査同様に約30分で結果が出ます。ただし、ある程度コロナウイルスが多量に存在している状態でないと検出できませんので発症後2日から9日間の間に限り検査できます。発熱や咳等の症状がある方でその期間に該当