お知らせ・ときえだ通信

ときえだ小児科クリニック お知らせ・ときえだ通信

ゾレア®が重症の花粉症治療に使えるようになりました

重症・最重症のスギ花粉症に対して、2月~5月に抗IgE抗体オマリズマブ(ゾレア®)を皮下注射する治療(保険適応)を行うことができるようになりました。内服薬や点鼻薬等の効果が少ない方や眠気などの副作用で継続内服できない重症の花粉症患者さんが対象となります。

~概要は以下の通りです~

①対象は12歳以上で、4週間ごと(又は2週間ごと)に注射します2-5月に行います)。

②今シーズン、従来の治療法(抗アレルギー薬など)で1週間以上治療し、コントロール不良な方が対象となります(最初からゾレア治療を行うことは出来ません)。

③治療の前に、総IgE値とスギ特異的IgE値を測定する必要があります。(直近の総IgE値と体重で投与量が決まります。総IgE値が異常高値の場合や、スギ特異的IgE値がClass 2以下の場合は適応となりません)

④費用はゾレア®︎の薬剤費のみで1か月あたり、3割負担の方で約4444円〜69953円かかります(投与量・回数によって金額が変わります)。その他、受診、検査にかかる費用、同時に服用し続ける必要のある抗アレルギー薬の処方費がかかります。自己負担が高額になる方は限度額適用認定証を申請し、年収に応じた医療費の助成を受けることをお勧めします。ノバルティス社のホームページの季節性アレルギー性鼻炎コーナー( http://hajimete-xolair.jp/ )で概算費用を確認できます。 小児は12歳以上が適応ですが自治体によっては小児医療証などの医療費助成が受けられます。


最新記事

すべて表示

院内感染防止のため一部の検査を制限させていただきます。 ①当面見合わせる検査;スパイロメトリー検査、呼気NO測定検査 *患者さんが新型コロナウイルス感染潜伏期の可能性が否定できないため ②当面見合わせる処置;浣腸、ネブライザー吸入、鼻吸引処置 *以下④に該当する場合を除きます。 ③条件付きで実施する検査;溶連菌検査、インフルエンザ抗原検査、アデノウイルス抗原検査等迅速検査、静脈採血検査(白血球数、

<診療時間変更等> 12月11日(土);院長喘息シンポジウム出席(福岡)のため午前で診療終了 3月26日(土);院長アレルギー講習会出席のため高木Dr代診 <高木医師診察日> 12月1日(水) 12月15日(水) 2022年 1月5日(水) 1月19日(水) 2月9日(水) 2月22日(火) 3月2日(水) 3月16日(水) 3月26日(土)AMのみ

12月29日(水)通常通り(18:00外来終了) *休日加算が算定されますのでご注意ください。 12月30日(木)~1月4日(火);休診 1月5日(水)~;通常診療 よろしくお願いいたします。